電話占いで占い師に嘘をついたらバレる?

電話占いで、占い師さんに嘘をついて占いの診断内容をお願いした場合、それがどのような占いの依頼によるかにもよって、結果は異なってきます。電話占いヴェルニ料金についても気になるものです。例えば、「宿曜占星術」などの占いの場合には、生年月日が必須とされています。占いの場合には、必ずしも霊視能力などがなくても、診断結果を出す事が可能なものもありますので、このような「宿曜占星術」のような類であれば、生年月日において、相談者さんが嘘をついて占いを依頼した場合には、むしろ相談者さんがせっかく依頼をしたことにも関わらず、誤った結果をもらう形だけになってしまいます。

これは、この他にも「姓名判断」などの場合でも同様であり、やはり本名であるから、といった理由などから、画数が同じものだ と思い込み、嘘の名前を使っての依頼をされた場合には、電話占いで姓名判断を行っても、誤った結果が出てしまうことがあります。これは、とてもややこしいのですが、姓名判断などの場合には、例えば画数が5の画数に思えるものでも、実際には4の画数である、などの決まりなどがあるためです。こうしたことから、せっかく電話占いをしたことにも関わらず、時間を無駄にしてしまうケースがあります。

一方で、こうした「伝統的な占い」などではなく、霊視を使うことを前提にした占いの場合には、嘘をついた場合には、見抜かれてしまうこともあります。これは、よく電話占いなどでもそうですが、霊視能力を使っての診断の場合には、遠くを見るように相手の方を感じるため、嘘をつかれているのかどうかが力をしっかりともった霊能者さんの場合には、分かるとされています。

よく、情報は性別だけで良いです、という場合や、悩み事のみお話しください、といったケースなどがありますが、これらの場合には、相談者さんが持つオーラなどをたどって、内容を引き受けるといった形になりますので、嘘をついてしまうと、ばれてしまう可能性はとても高いです。

コメントは受け付けていません。.